Canon(キヤノン)EOS-1D Mark IV 連写性能命

1dmarkiiii

( Canon 公式ホームページ )

2009年12月に発売された EOS-1D Mark IV は、
Mark IIIで多少がっかりしていたユーザーたちを盛り上げました。

前機種で使いにくいと問題になっていたフォーカスは45点に元通りに。

それと今回から動画撮影が搭載されるようになったのが大きな変更点です。

簡単にスペックをおさらいしていきましょう。

有効画素数 約1610万画素
撮影素子 APS-Hサイズ
映像エンジン DIGIC Ⅳ(デュアル)
ISO感度 100-12800 (拡張により、50-102400まで設定可能)
連写速度 最高10コマ/秒(絞り開放時のみ)

1Dと5Dはどちらがいいのと聞かれる方が多いのですが、
そもそも5Dシリーズと1Dシリーズは、対象ユーザーが違います。

5Dは静止画の高画質を求める方向け。
1Dは動きのあるスポーツや報道系に使われるカメラです。

さらに簡単に言うと、連写を求めるならEOS-1D Mark IV がベターです。

しかし、ここで問題点が一つ。
EFレンズの絞り羽根追いつかないため、
連写最高速度は絞りが開放時のみの速度です。

MarkⅢでも同じ点が問題視されていました。

ちなみにISOは拡張により102400とかなり向上しましたが、
実際はISO25600くらいまでが実用できます。

JPEGデータへの書き出しが優秀というのもポイント高めです。

Canon EOS-1D Mark IVの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする