Canon(キヤノン)EOS 70D デュアルピクセルCMOS AF

70D

( Canon公式ホームページ )

2013年に発売された Canon EOS70D は EOS 60D の、
なんと3年ぶりの後継機です。

KissシリーズとEOS 7Dの間に入るミドルクラスのデジタル一眼レフです。

新開発のデュアルピクセルCMOS AFを搭載していて、
位相差AF機能と撮像機能を併せ持ちすばやいピントあわせが特徴です。

対応レンズは103本(公式サイト)となっていますが、
一部の旧モデルのレンズではコントラストAFになりズレがでることが。
純正レンズを持っていない方は、
レンズキットの購入を考えたほうがいいかもしれません。

ファインダーは、視野率98%・倍率0.95のペンタプリズムです。

ペンタプリズムとは、ファインダーに使う部品のことです。
デメリットはペンタミラーに比べて値段が高く重量があること。

ですがファインダーが明るくクリアに見ることができますし、
ファインダー倍率をあげやすいというメリットがあります。

EOS KissX7i に比べて、快適に撮影できることは間違いありません。

操作性も申し分なしです。

7D は両手で操作しなければいけませんが、
70D は右手のみでの操作が可能になっています。

ミドルクラスの一眼レフは、
性能をずばぬけてもだめすぎてもいけません。

非常にびみょーな立場なのですが、
70Dはファンが求めるミドルクラスの形に近いと思います。

Canon EOS 70Dの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする