Nikon(ニコン)クールピクスCOOLPIX P7800 EVF搭載

P7800

( NIKON公式ホームページ )

NIKON COOLPIX P7800 は、名前の通り P7700 の後継機です。

このモデルチェンジ、中身は大きく違いません。
ですが、私が買うならP7800です。

なぜなら P7800 には、電子ビューファインダーが搭載されているから。

SONY Cyber-shot DSC-RX100M2は、単なる外付けのチェンジでしたが、
NIKON COOLPIX P7800 にはしっかりと内蔵でつけられています。

そもそも COOLPIX P四桁のシリーズにはファインダーがついていましたが、
何を考えたのか、P7700 だけについていなかったのです。

小型化の傾向にある昨今、仕方が無いとは言え、
フラッグシップ機にその対応は非常に寂しかった…。

そんなカメラオタクたちのブーイングが届いたのか、
無事に P7800 では、ファインダー復活とあいなりました。

このシリーズの前作品では、光学式ファインダーでしたが、
今回からは電子式ファインダーとなっています。

電子式ファインダーのデメリットとしてよくあげられるのが「タイムラグ」

光学式ファインダーは実像ですが、電子式ファインダーは虚像ですので、
メガネではなく機械を通して大きく見るくらいの違いがあります。

そのためどうしてもタイムラグが生じます。

ですが電子式ファインダーはデジカメには向いています。

電子式ファインダーは、
実際にデータとして残る画像が映し出されているため、
データと自分の中のイメージとのずれが少なくなります。

更に、P7800 の電子式ファインダーの視野率は100%です。
画像端がキレることなく確認できます。

というわけで…
ファインダーのために P7700 よりお金をだすかださないか、
お任せいたします。

Nikon COOLPIX P7800をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする