Panasonic(パナソニック)ルミックスLUMIX DMC-FZ200

FZ200

( Panasonic 公式ホームページ )

Panasonic LUMIX DMC-FZ200 のレビューをしたいと思います。
前機種は DMC-FZ150 になります。


DMC-FZ200 の最大のポイントは、600mm 全域 F2.8 のレンズです。

つまり広角端 25mm から 望遠端 600mm まで、F値は常に一定の 2.8!

ネオ一眼は一般的に望遠端のF値はだいたいF5.6くらいです。
前機種も F5.2 でした。
だいたい広角端の2倍くらいになってしまうんです。
普通に撮るには良いのに、ズームすると暗いなぁと感じるのはそのせい。

F値が全域でF2.8ということは、
ズーム時でもシャッタースピードが落ちにくいということ。

スポーツや野鳥撮影で、効果を発揮すること間違いありません。

ネオ一眼は1000ミリ前後で争ってきますので、
DMC-FZ200 は傑出したズーム倍率ではないのですが、
それでも十分なくらい大きく撮影することができます。
正直1000ミリって使うこと少ないですしね…。

ネオ一眼でF値にこだわるのは正解だと思います。
一体型デジタルカメラだからこそできるこだわりなのではないでしょうか。
これは一眼レフには真似できない魅力です。

変わらないF値はカメラ初心者のかたも使いやすいと思います。

ファインダーが131万ドットという点もすばらしいです。
当時他社製品は20万ドットくらいが多かったのですが、
使い物にならないことも多々ありました。
DMC-FZ200 のファインダーは全く問題なく使えます。

惜しい点は液晶モニターとの切り替えが手動。めんどくさいです。

Panasonic LUMIX DMC-FZ200の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする