FUJIFILM(富士フイルム)X20 ローパスレスコンデジ

X20

( FUJIFILM 公式ホームページ )

FUJIFILM のハイエンドコンパクトデジタルカメラは、
毎回毎回カメラオタクの心をつかんできます。破産しちゃう。

今日は FUJIFILM X20 について語らせていただきます。
X20 は X10 の後継機で、かゆいところに手が届いたカメラです。


ピックアップしたいポイントはイメージセンサー!

画素数やイメージセンサーの大きさ(2/3型)は変わりませんが、
中身の性能がぐぐっとアップしております。

「EXR-CMOSセンサー」 から 「X-Trans CMOS IIセンサー」 に

では「X-Trans CMOS IIセンサー」とはなんでしょうか?

簡単に言えば「ローパスフィルターを取り除いた」構造のことです。

ローパスフィルターというのは、
イメージセンサーの手前にあるモアレや偽色を抑えるフィルターのこと。

それじゃあローパスフィルターはあったほうがいいのでは?
と感じられるかもしれませんが、実はこのフィルター、
画像をうまくぼかすことによってモアレを抑えているのです。

そのため、画質自体も落ちてしまうというのが特徴。

今までのコンデジは大体がこのフィルターがついております。

それを「X-Trans CMOS IIセンサー」は取り除いています。
そうすることによりフィルムカメラのようにクリアな撮影が可能。

さらに「X-Trans CMOS IIセンサー」では、
AF方式が「位相差検出式」のため従来のコントラスト検出式よりも速い!


とまぁ「X-Trans CMOS IIセンサー」は出た当初、
カメラオタクたちがかなり期待した構造なのです。

X100S にも搭載されています。

FUJIFILM X20の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする