FUJIFILM(富士フイルム)FinePixファインピクスFinePix S3 Pro

S3 PRO

( wikimedia commons )

Nikon に銀塩一眼レフカメラの、
「F80」という名機があります。

ランクは中級でしたが、
使いやすく色も綺麗で、なかなかファンの方が多かったです。

たまに中古で見かけますと、
とりあえず挨拶として、
シャッターはきらないとなと思わせるカメラです。

話は変わりますが、ニコンと富士フイルムは、
これまでにいくつか共同制作をしています。

その一つが、「FinePix Pro」シリーズです。

今回ご紹介するのは、
「Finepix S3 Pro」です。

このカメラの特徴は、大きくわけて二つです。

    一、ダイナミックレンジ

    まず、ダイナミックレンジを、
    簡単にご説明させていただきます。

    ダイナミックレンジとは、
    一言で言うと「光を受け取る範囲」のことです。

    例えば、ウェディングドレスを撮影されたことはありますか?

    実は、ウェディングドレスは撮影が難しいんです。

    なぜなら、ドレスが白いから。

    下手に撮影すると、
    ドレスについているレースやフリルなど、
    大切なところをまるまるっと無視して、
    真っ白なドレスになってしまいます。

    この現象を「白とび」といいます。

    他にも、「黒つぶれ」という現象があります。

    屋内で撮影する際、窓が写りこむと、
    屋内にいる人や物体が真っ黒になってしまいます。

    これが黒つぶれです。

    これはカメラの明るさを感じ取れる範囲に限界があるため生じます。

    「S3 Pro」はその範囲が従来モデルの、
    なんと4倍なんです!

    「スーパーCCDハニカム SRII」
    というシステムが搭載されています。

    絞りで考えると、
    2絞り分範囲が広くなります。

    ダイナミックレンジが広いと、
    後から写真編集も楽にできますよ♪

    アイドルの撮影会とかに、
    使いやすい良いカメラです。

    二、プラスティック製ボディ

    ボディが金属製ではないので、
    持ったときに「思ったより軽い!」
    というのが特徴です。

    グリップもしっかりしていますし、
    単三電池で動きます!

デメリットとしては、
・動作が重い。
・XDカード
などでしょうか。

うーん。

発色重視の、元フイルムカメラの方におすすめです。

FUJIFILM FinePix S3 Proの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする