RICOH(リコー)G600 土木現場のためのカメラ

RICOH G600

( RICOH 公式ホームページ )

RICOH G600。
数少ない、リコーの防水カメラです。

防水カメラとしては、
自分の中でも好きなカメラです。

水深 1m
耐衝撃 1.5m
防塵

あれ?
スペックあまり良くないよ?
何がいいの?
と、思われるかたもいるはず。

そうなんです。
スペック自体はそんなに高くありません。

ですがこのカメラ、
「土木現場」のためのタフネスカメラなんです。

土木現場では写真撮影を、
かなりの頻度でします。

毎回、基準を守ってますよ、
と市役所に提出する必要があります。

今まではどの現場も
フィルム使い捨てカメラで撮影されていました。

カメラ屋が土木会社に、
「現像するカメラありますか~?」と、
定期的に取りに行くくらいでした。

ですがデジカメが出来てからは違います。

フィルム現像が必要ありませんから、
コストも時間も短縮できます。

今では、どの現場でも、
デジカメを使っています。

RICOH さん、ここに目をつけました。

なんと「土木現場」用のカメラを作ったのです。

・出っ張りが少なく胸ポケットに入る
・ネックストラップが横にも縦にもつけられる
・手袋していても操作ができる
・ワイドコンバージョンレンズにより最大ワイド22mm
・斜め補正機能
・CALSモード

などなど…。

現場の方が使いやすいように、
外も中も徹底しています。

上記の内容をG700 も受け継いでいます。

次回、細かく説明させていただきますね!

RICHO G600の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする