Canon(キヤノン)パワーショットPowerShot G10

ニコンのフラッグシップモデルを、
紹介いたしましたので、
キヤノンのフラッグシップモデルも、
紹介するのがフェアというものです。

キヤノン パワーショットGシリーズを、
いくつか続けて紹介させていただきます。

powershot G10

( Canon 公式ホームページ )


まずは、Canon PowerShot G10 です。

2008年秋に発表されました。

マニュアル撮影のために、
特化して作られています。

スナップを取るよりも、
一眼のサブ機として使用する方が多いです。

ちなみに、画素数がEOS5Dより高く、
なんと1470万画素。

実は、この G10 の後継機、
G11 は画素数が1000万画素になります。

そのため画素数が欲しい方は G10 を選びます。

レンズは、
28-140mm(35mm換算)F2.8 (W) – F4.5 (T)
レンズ内手振れ防止付き。

画像処理プロフェッサは、
当時最新のDIGIC 4 が使われています。

DIGIC 4は、DIGIC 3に比べて
基本性能を30%向上しています。

そのため、とにかく処理が速いんです。

DIGIC 4はEOS 5D Mark2 など、
良いカメラには合わないとも言われますが、
個人的にはG10に、ぴったりのエンジンだと思います。

スペックを簡単に見ますと、
当時出回っていた、
EOS40D よりも良いスペックです。

グリップのホールド感もばっちりです。


Canon Powershot G10 は、
フラッグシップモデルとして、
ふさわしいスペックを持っています。

では、次は G11 です。

Canon PowerShot G10の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする