Mamiya(マミヤ) 6 MF いくぜカラクリ!動けよマミヤ!

Mamiya6MF
Mamiya 6 MFは1993年に発売された中版レンズファインダーカメラ。
6×4.5cm判マスクの他に
135フィルムにて24×56mm判の
パノラマアダプターが使用できます。
ちなみに、MFマニュアルフォーカスではなく、
マルチフォーマットという意味です。

気になるスペックは以下の通り。

・型式: 6×6判レンジファインダー・レンズ交換・沈胴式カメラ

・使用フィルム: 120フィルム(12枚撮り)、220フィルム(24枚撮り)

・画面サイズ: 6×6判(実画面サイズ56×56mm)

・レンズ(専用バヨネットマウント):
広角レンズ50mm F4(5群8枚、フィルター径58mm)、
標準レンズ75mm F3.5(4群6枚、フィルター径58mm)、
望遠レンズ150mm F4.5(5群6枚、フィルター径67mm)

・焦点調節: ヘリコイド式
・シャッター: マミヤ#00レンズシャッター(電子制御)
・露出制御: 絞り優先AE、受光素子SPD(ファインダー内)、
露出補正-2から+2EV(1/3EVステップ)

・距離計: レンズ偏角方式、実像式二重像合致、
基線長60mm(有効基線長34.8mm)

・ファインダー: 距離計連動ファインダー、
ブライトフレーム自動切り替え(50、75、150mm)、
パララックス自動補正、倍率0.58倍
シャッター速度表示、視度補正レンズ交換可能

・遮光幕: レンズ交換用ゴム引き式遮光幕付き

・安全機構: 二重送り、空送り防止、遮光幕が閉じているときレリーズ防止
、沈胴時レリーズ防止、レリーズ防止時ファインダー内LED点灯

・電池: LR44またはSR44を2個(電池無しでは作動しません)

・質量: カメラボディのみ 900g、75mm付き 1150g、50mm付き 1235g

しかし機能が多いこと多い事……
ハイテクとはいえないのでカラクリとでも言いましょうか
これだけ多機能なレンズファインダーはそうないでしょう。

画質は生真面目なマミヤらしい写り。
解像度が高く、平坦でかなりスッキリとした印象。

交換するレンズによってブライトフレームが自動で変更します。

また、沈胴機構が備わっているため、他の中盤よりも薄く仕上がっており
運搬はかなり楽になています。

レンズシャッターなのでレンズを交換する時は
フィルムが暴露しないように遮光幕で覆ってやる必要があるのですが、
遮光幕を出した状態でないとレンズが外せません。

そしてレンズ交換した後は遮光幕を収納した状態でないとシャッターが切れません。
さらに沈胴させた状態ではシャッターが切れないので注意が必要です。

ボディの形状はマミヤらしいデザイン。
材質はエンプラ性で、質感はかなりしっかりとしています。

露出計はすこし難物。
精度はまったく問題ないのですが、空や天井の光を拾って
露出がアンダーに出てしまいがちになるので、
少し工夫が必要になってきます。

総評としては、かなり精度が高いカメラとえいます。
画質は当然ながら、運搬性能の高さを高める沈胴機構など
各諸にこだわりが感じられるカメラといえます。

ただ、価格は相当高い。
いまや希少品となってしまっているので
ローンを組むつもりで購入したほうが良いでしょう。

Mamiya 6 MFの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする