PENTAX (ペンタックス) K-5IIs アウトドア向けの頑丈さと高速連写

K-5 II s
PENTAX (ペンタックス) K-5 II s は
2012年に発売された一眼レフカメラで、
「K」シリーズの最上位モデルとして登場しました。
ローパスレスフィルターを搭載し、
高い画質と軽快なフットワークを両立しています。

スペックは以下の通り。
・ 画素数:1693万画素(総画素)/1628万画素(有効画素)
・撮像素子:APS-C/23.7mm×15.7mm/CMOS
・連写撮影:7コマ/秒
・重量:680g

まずはデザインですが
Kシリーズらしいゴツゴツとしたデザインは
男らしくて良いですね。
マグネシウム合金を使用しているという事で、多少
ボディの重さはありますが、その分グリップ感は
素晴らしく、がっしり握れるので安定します。

画質はローパスフィルターレスという事もあり
これまた男らしいというか、生真面目な絵。
コントラストも少し強めな気もしますが、
とにかくシャープさが際立つ写真が取れます。

操作性はさすがの一言。
ダイヤルやボタンの切り替えは非常に覚えやすく
撮影中に簡単に操作できるよう設計されています。
ただ、ニコンやキヤノンとは明らかに操作性が違うので
他社からの乗り換えの場合は、初めに少し戸惑うかもしれません

携帯性は、可も無く不可も無くといった所でしょう。
他の一眼レフとさほどかわらないのでそれなりといった所。
ただ、ボディ剛性は抜群。
マグネシウムボデイで防塵防滴、
さらに耐寒仕様なので、アウトドアでの使用で
真価が発揮されるカメラだといえます。

また、AFも相当早く、かなり高性能。
暗い場所でもカチっと合うので、
この一台でどんな被写体でも狙える攻めの撮影が出来ます。
ただ、C-AFの追従性はいまいちなので
動きの速い被写体はあまり得意じゃないかもしれませんね。

ボディ内テブレ補正を採用しているのもかなり良いです。
単焦点レンズなども手持ちでアクティブに使いこなせるでしょう。

液晶はエアギャップレスの92万画素液晶を採用。
ファインダーには視野率100%ペンタプリズムファインダーで
どちらも大変高精度だといえます。

ただ、ローパスレスということでモアレの発生は避けれません。
アングルや角度によって発生しやすくなるので
人物撮影などでは注意が必要です。

総評としては、自然や風景を撮るために作られたカメラであり
コストパフォーマンスも良く、大変すぐれたカメラだといえます。

ただ、動きの速い動物はあまり得意ではなかったり
ローパスフィルターレスの弱点などもあるので
決して万能ではない事だけは覚えておきましょうう。
このカメラが生きるのは屋外であり、
主に風景撮影では力強い味方になってくれると思います。

PENTAX K-5IIsの中古をヤフオクで探す
PENTAX K-5IIsの中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする