RICOH (リコー) GR 小さな美の巨人

GR
RICOH (リコー) GRは
2013年に発売されたAPS-Cセンサー搭載の
コンパクトデジタルカメラ。
ローパスフィルターレスを採用しており、
高解像度の写真を得られます。

スペックは以下の通り。

・画素数:1690万画素(総画素)/1620万画素(有効画素)
・撮影枚数:290枚
・F値:F2.8~F16
・焦点距離:28mm
・撮影素子:23.7mm×15.7mmCMOS
・起動時間:1秒
・撮影感度:通常:ISO100~25600
・連射撮影:最大秒間4コマ

リコーのGRはコンパクトなボディながら外装にマグネシウム合金を使用し
高い剛性を誇っています。
デザインはGRの系譜をしっかりと受け継いでおり、
高級感と実質剛健さが合いまった佇まいです。

通常のコンデジよりも太めのグリップ部分はホールドしやすく
しっかりと構えて撮る事が可能。
自重もそれなりにあるので、かなりホールディングしやすいです。

携帯性は通常のコンデジにしては大きめな印象。
しかしAPS-Cセンサーを使っている事を考えれば
このサイズでよく収まったなと言えるでしょう。

画質面は文句の付けようがありません。
隅々までシャープに写る高級感あふれる画質を提供してくれます。
これは一眼レフやミラーレスと比較してもまったく遜色ありません。
この画質をスナップで取れるとなると、もはや文句を付けるほうが
間違っているような気もしないでもないですね・・・・・・・

機能面では、セッティングを3つまで設定できる点が便利。
35㎜クロップもかなり使えるので重宝するでしょう。

ただ、やはり手ぶれ補正が付いていないのが惜しい。
この辺りはGRユーザーであれば誰もがおっしゃる所でしょう。

AF性能に関しては賛否両論。
個人的には特に問題ないとおもうのですが
暗所はたしかに合わせるのが他のカメラより難しいと感じます。

また、バッテリーの持ちの悪さはかなり目立ちます。
旅先などで使うにも少し心もとないかもしれませんが
撮影スタイルによって変わるため、けっこう撮るタイプなら
迷わず予備バッテリーを購入しておきましょう

しかしながら液晶画面は相当綺麗で、一度見たら驚きます。
視認性は抜群で、明るい日中でも問題なく見れます。

総評としては
コンデジの中でも驚くべき高画質を実現しており
普段からポケットに強力なカメラを忍ばせておきたい
と思ったら、迷わずGRを購入すべきだと言えます。

ストリートスナップをするなら、恐らくGRに勝るカメラは
なかなか出てこないでしょう。
街並みから、自然風景まで、高階調・高解像度を実現しています。

RICHO GRの中古をヤフオクで探す
RICOH GRの中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする