OLYMPUS(オリンパス) E-5 伝説となった最後のフォーサイズ機

E-5
OLYMPUS(オリンパス) E-5 は2010年に発売されたデジタル一眼レフですが、あまりの高性能っぷりに一時期販売額よりも高値で取引されていた伝説的なカメラです。
オリンパスファンからすれば、このE-5がフォーサイズ最後のカメラとなったので、色んな意味で思い出深いカメラでしょう。

スペックは以下の通り
・画素数:1310万画素(総画素)/1230万画素(有効画素)
・撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS
・連写撮影:5コマ/秒
・重量:800g

このカメラが世に出たとたん
一気に脚光を浴びることとなったのには
あまりに高すぎる解像度が原因でした。

「ZUIKO DIGITALレンズの描写力をフルで使いきる」
事を目標に設計されているため
ローパスフィルターを弱め、画像処理回路によって
モアレなどの発生を抑制。
さらに写真の解像度を高めるファインディテール処理が
搭載された事により、画素数に頼らず
クリアな解像度が得る事に成功しています。

このカメラを使う事でレンズの性能はフルに引き出されるので
まるでレンズの性能まで上がったと勘違いしてしまう程。

さらに、見るからに頑丈そうなボディの持つ
驚きの防滴性能が凄い。
水がかかったぐらいじゃビクともしない所か
シャワーでボディを洗えるなんて逸話も聞きます。

また、グリップ力もかなり高く
かなりしっかりと握れるので、ブレ補正にも
かなりの効果を発揮してくれます。

また、ボディ内部に手ぶれ補正がついているので
どんなレンズでも補正が聞くのが嬉しい。
マウントも種類が多いので、様々なレンズに
対応できます。

しかし、これだけベタ褒めできるカメラでも
やはり欠点を出さねばフェアではありません。

まず一番の欠点はC-AFの弱さ。
動体撮影で使う機会のおおいこの機能ですが
E-5のC-AFは外す事が多いので
基本はS-AFでの撮影になります。

そして問題なのが高感度の弱さ。
常用ISO600までがおそらく限度。
1000を超えると明らかにノイズが目立ちはじめます。
ダイナミックレンジが狭いせいでもあるのですが
ここは高解像度を引き出すために犠牲となったと
考えれば、しょうがないともいえるでしょうが
ここさえ改良できていれば文句無しなのに……

しかし、もはやそんな願いも届きません
オリンパスはすでにフォーサーズから撤退して
しまっているので、このカメラの後継機が作られる
ことはもはやありません。

その辺りも、このカメラが伝説的だと言われる
ゆえんなのでしょうね。

総評としては
「最後のフォーサーズ機」として
カメラ史に確実に爪後を残した傑作機といえます。
被写体や環境は多少選ぶものの
レンズ性能を限界まで引き出せるこのカメラは
今でも素晴らしい写真を作り出しては
それを使うオリンパスファンの胸を熱くし続けています。

OLYMPUS E-5の中古をヤフオクで探す
OLYMPUS E-5の中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする