Panasonic(パナソニック)LUMIX DMC-GH4 4K動画が撮れるミラーレス一眼

LUMIX DMC-GH4
Panasonic(パナソニック)LUMIX DMC-GH4は、
2014年に発売されたミラーレス一眼カメラ。
発売当初は4K動画を撮影出来る事で話題になりました。

スペックは以下の通り
タイプ : ミラーレス
画素数:1720万画素(総画素)/1605万画素(有効画素)
撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS
連写撮影:40コマ/秒
重量:480g

まずスペックでも一番目立っている通り
秒間40コマという化け物じみたスペックですが
電子シャッターを使用しているのでシャッター音はしません。
またファインダーをしようせずに撮影します
つまり、ビデオで撮影をしながら
超高速で電子シャッターを下ろしていると思えば
理解しやすいかもしれません。

ただ、このカメラはとにかく動画性能がすごい
4K動画を撮影できる強みはもちろん
動画のぶつ切りから写真を出しても、800万画素を保てます。

つまり、もはやシャッターを切る必要もなく
ただフォーカスと構図だけ気を付けながら対象物を追えば良いのです。
これなら、素早い動きをするカワセミの撮影も楽勝。
タイミングをとにかく逃したくない人にお勧めの、
カメラとビデオのハイブリットマシンだといえます。

写真も美しく、ISO800まではノイズが載ることもありません。
欲を言えば、動画撮影の事もあるので
もっと高感度に対応してほしかった所です

バッテリーはミラーレスで動画撮影を頻繁に行う
カメラということもあり、かなり大型バッテリーが使われてます。
ただ、屋外でガンガン使うにはこれでも心もとないので
動画を頻繁に使うなら、予備は持っておいた方が良いでしょう。

一眼レフとしてみれば小型な部類に入ります。
個人的には、これぐらいの小型化がホールディング性能の限度かなと。
これ以上軽く小さくなると、けっこう手にあまってきます。
また、指先がちゃんと掛るように出来ているのが素晴らしい。
ビデオでの撮影を意思してのことでしょう
グリップ性能はかなり高いです

AF性能は良好で、ピンポイントはかなり合います。
爆速というわけではないですが、それなりかもしれません。

電子ビューファイン第―はかなり精度が高くて見やすいです。
液晶もバリアングルなので、ビデオ撮影ではかなり活躍してくれます。

総評としては、パナソニックのうたい文句にある
「カメラにシャッターは必要か?」
が、まさに体現されていると思います。
この一台さえあれば、ビデオも要らないし、他のカメラも要らなく
なんでもこなせてしまうのがやはり魅力でしょう。

カメラもビデオも、一家に一台で十分!
と考えている実質剛健な方むけの一台だといえます。

Panasonic LUMIX DMC-GH4の中古をヤフオクで探す
Panasonic LUMIX DMC-GH4の中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする