Nikon(ニコン) D3S  NASAも認めたニコンの名機

D3X
ニコンが2007年に発売したフラッグシップモデルNIKON D3S

発売当時はNASAが宇宙空間での撮影機材として
正式採用した事で話題になりました。
この時、一緒にD2xSも宇宙にいったのですが、
こちらは改造品。
無改造で宇宙にいったのはこのNIKON D3Sだけでした。

それだけの経歴がある分
ボディの頑丈さは流石の一言。
一見無骨とも言えるデザインに魅かれるユーザーも多く、
プロやハイアマなどに未だ根強いファン多い機種だといえます。

D700からこちらにシフトした人も多いと思いますが
その時にまず感じるのが、リフレインされたダイヤル系
操作のしやすさにこだわり、かなりシンプルに作られているので
初めて買うフルサイズ機なら「これだ!」というぐらい覚えやすいです。

2007年と古い機体だけに画素数は1200万程度ですが、
1000万以上あれば画素数十分すぎるでしょう。
中古機として見ても、9/1秒~11/1秒もある連写速度は十分満足がいきます。
特に、パソコンを使いながら撮影する人なら、
これぐらいの画素数のほうがすぐにデータで一杯になるということがなく、
連写で撮りまくるにはちょうど良いサイズだと思います。

画像の質感はクセが無くなめらか。
以前のD3から買い替えたユーザーからすれば
D3Sは特に陰影が綺麗に出ると感じた人も多いかもしれません。

ISOは最大1200、Hi3なら102400相当まで感度が上昇するので、
中古といえど、現行機と比べても殆ど遜色ありませんので、夜間撮影も十分いけます。

また、 D3S最大の特徴ともいえるのはそのボディ形状でしょう。

操作性や携帯性は大きく犠牲になったものの、
それと引き換えに出来た、他には無い個性有るボディとレンズのバランス感
抜群のホールド感とボディの堅牢さは、その犠牲に見合った価値があると思います。

ボディ外観のカバーはマグネシウム合金を使用。
その他の部分もかなり緻密な防塵加工がほどこされています。

それに、シャッター音のキレの良さはNIKON機の中でも随一でしょう。
このボディの形状とシャッター音を楽しむだけでも十分楽しいです。

また、大きくて不便なボディですが、望遠レンズとの相性が良いので、
三脚にセットしたときには絶妙なバランス感がえられます。

ただ、携帯性に関しては難あり
気軽に持ち歩いて撮りたい人はやめておいたほうがいいでしょう
そもそもその辺りをまったく重視していないカメラなので
購入前にきちんと用途を確認しておきましょう。

しかし、D700にバッテリーグリップを装着するよりもコンパクトなので、
中古のフルサイズを考えているなら、
こちらを購入しておいたほうが断然お得かもしれません

とにかく、特徴的なボディにシャッター音に操作性が魅力。
写真を取る楽しみをこれ以上無い程に教えてくれる名機だといえます。

Nikon D3Sの中古をヤフオクで探す
Nikon D3Sの中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする