SONY(ソニー)α900(DSLR-A900) ボディ内手ブレ補正のフルサイズ

α900(DSLR-A900)
SONY(ソニー)α900(DSLR-A900)は
35mmフルサイズ対応の一眼レフカメラ。
ボディ内テブレ機構をそなえ、
どんなレンズでも対応できるオールマイティさが魅力です。

スペックは以下の通り

・画素数:2570万画素(総画素)/2460万画素(有効画素)
・撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS
・連写撮影:5コマ/秒
・ 重量:850g
・ISO感度:ISO200-3200(拡張範囲としてISO100-6400まで設定可能

2400万を超える有効画素があれば、画質に関しては文句はありません。
ISOも文句無しの性能なんですが
暗い場所でのノイズは少し乗りやすい印象を受けます。
しかし、画質は設定に敏感で、設定変更による画の変化が非常にわかり易いので
絵作りのしやすさがその点を補えているといえます。

操作性は抜群です
必要な場所に必要なボタンが配置されている印象で、便利で扱い易い。
説明書見なくても殆どの機能が把握できるほか、撮影しながらの操作はかなり楽。

光学ファインダーの出来もさすがソニーといった感じ。
ファン大―を覗けばつい撮りに行きたくなるような作りになっています。

また、手ぶれ補正もかなり出来が良いので
高級なカール・ツァイスのAFレンズから
中古のオールドレンズまで、様々なレンズが使えるのが良いですね。
銀塩時代のミノルタAマウントのレンズのほぼ全てが使えて
なおかつ、その性能を十二分に発揮できるとあれば
カメラファンにとってこんなに嬉しいこ事もないでしょう。
しかし、使いどころも良くわからないのに
中古を彷徨っている格安ミノルタレンズを
大量に買い集めてしまうような
レンズ沼に陥った人々をより奥底へと落としこむ
魔性(?)のカメラともいえるかもしれません。

そんな冗談はさておき、このカメラの短所とも長所ともいえるのが
その特徴的すぎるデザイン。
ソニーらしいスマートさと無骨な雰囲気が同居するデザインは
ハイテク感が個人的にはかなり好みですし、
三角屋根の出かたや、α独特のマウント淵の赤いラインは秀逸です。

しかしながら、見た目通りかなりごつい。
ニコンやキヤノンの安定感あるデザインとは違うので
このデザインに飽きが来るような人もおおいかもしれません。

携帯性はけっして悪くはないのですが
グリップもかなり抉れて大きめに作られているので
女性だと握りにくいこともあるでしょう。

ただ、手が小さい人向けじゃないというだけで
そのグリップ力はかなりのもの
ニコンやキヤノンには出せないしっかりとした握り心地。
これぐらいしっかりと握れるグリップは
このカメラの他には、ペンタックスのK-30ぐらいしか思いつきません。

2008年発売ながら、その性能の高さはいまだ衰えておらず
ソニーのハイテクさを思い知らされるような一品だといえます。

SONY α900(DSLR-A900)の中古をヤフオクで探す
SONY α900の中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする