SONY(ソニー)α7(ILCE-7) ソニーの初ミラーレス

α7(ILCE-7)
SONY(ソニー)α7(ILCE-7)は
、2430万画素のフルサイズ機として
初のミラーレス機構を搭載したモデルです。

スペックは以下の通り
・画像素子:有効2430万画素
・ISO感度:ISO100-25600(拡張でISO50)
・撮像素子:フルサイズ/35.8mm×23.9mm/CMOS
・連写撮影:5コマ
・液晶:3型92万ドット チルト可動 非タッチパネル
・バッテリー:270枚(EVF使用時) 340枚(液晶モニター使用時)
・重量:416g
・付属:Wi-Fi/NFC防塵防滴

ソニー α7は有効2430万画素のフルサイズ
でありながら、416gを実現しています。
そのため、普段から持ち歩く事が可能。
恐らく、これを使いはじめたら、
他のフルサイズは面倒臭くて使わなってしまうでしょうね。

画像処理エンジンには新型のBIONZ Xを使用。
新たに「回折低減処理」も搭載し、絞り値に応じた
最適なフィルター処理を施したり、
ボケたりにじんでしまった点像を復元できるようになりました。
エリア分割ノイズリダクション処理も進化しているといえます。

AF方式もコントラスト方式と位相差方式を組み合わせた
「ファストハイブリッドAF」を採用し、ミラーレスが苦手としていた
高速AFを実現。
コントラスト方式のAF測距点は25点であり
位相差方式は117点という高性能っぷり。

また、通常のミラーレスとは違って
電子ビューファインダーを内蔵しているので
液晶画面の電力消費が気になる人におすすめ。

シャッターは30~1/8000秒、フラッシュシンクロ同期は1/250秒まで対応。
電子先幕シャッターも使用可能となっており、機構ブレにも強いです。

デザインはソニーらししい作り。
高級感のある金属性のボディーはかなり良いと思います。
が、こちらのα7のシャッターボタンの位置はけっこう不評。
他のレビューでも言われているとおり、
グリップの真上に付けすぎたせいで
かなりシャッターが押しづらくなっています。
慣れればそれなりなんですが、操作の上で
はじめに戸惑うのがこのボタンかもしれません。

しかし、全てのボタンに対してキーカスタマイズが効くので
自分の隙な所に使う機能を配置できるのは便利。
他にもファインダーが大変見やすく作られているので、操作性は
このシャッターボタンのみが惜しい点です。

バッテリーに関しては、ミラーレスの中では普通といった感じ。
それほど枚数を消費しなければ、一日を通して使える程度。
ただ、屋外でガンガン使うとなれば話は別。
とくに冬場の減りはボディが金属製ということもあり
目に見えて無くなるので、予備の購入をおすすめします。

液晶ファインダーはチルト式ですが、
可動範囲が180度までというのは少しおしい気もします。
バリアングルとはいかないまでも、ELP-5みたいな
使い方が出来ればなーと思う人もいるかもしれません。

ホールド感はなんともいえない部分。
ボディが当然小さくなったので、
グリップしにくいのは当たり前かもしれません。

α7はすでに派生形や後継機が出ていますが。
ボディ内手ぶれ補正さえ気にしなければ
画質面ではまだまだ満足いくレベルなので
こちらを購入しても問題ないように思えます。

SONY α7 (ILCE-7)の中古をヤフオクで探す
SONY α7の中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする