Canon(キヤノン)EF200mm

EF200mmF2

キヤノンはペンタックスのように、
200ミリF4などという大衆的?なレンズを
EFレンズではラインナップしていません。

EFの200ミリは、F2とF2.8の2種類で、
いずれも高級なLレンズです。
F2の希望小売価格:850,000円!
(EFのIS付きサンニッパよりも高価です)
Lレンズの証ともいうべき白レンズは
F2のみで、F2.8は黒いレンズです。
F2.8の希望小売価格は118,000円ですから、
たった一段明るいだけで、天と地の開きがあります。

この200ミリF2の作例を見たときは、
さすがに息を呑みました。
すごいレンズです。
しかもAPS一眼レフに取り付けると、
300ミリF2相当になるのですから。

また、マイクロフォーサーズなら、
400ミリF2になります!
(絞り連動機能つきアダプタを使う必要があるでしょうけど)

200ミリと言うのは超望遠なのか中望遠なのか、
少なくともサンニッパ以上の仲間ではないですが、
キヤノンのEF200ミリF2は、それらの巨砲仲間の一員です。

フィルムカメラやデジタル一眼レフの時代は、
こうした大口径望遠レンズが人気(というか高価)でしたが、
今のミラーレスの時代には、
口径が小さくても高画質・低価格のレンズが多いですから、
このような「巨砲」へのあこがれは、薄れるかもしれません。

Canon EF200mmの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする