Leica(ライカ)CL 日独合作コンパクトM

Leica CL M5ですべったライカが、その次にヒットを出しました。 日本のミノルタと共同で出した「CL」です。 設計はライカ、製造はミノルタです。 後続機は「ミノルタCLE」ブランドです。 ドイツと日本それぞれで出されました。 CLは「コンパクトライカ」の意味で、 それでもMマウントです。 ファインダーの有効基線長が短いとか ファインダー倍率が小さいとか cost of cialis vs viagra 一部のレンズが使えない、などの難点はあります。 http://viagranorx-canadianpharma.com/ ブライトフレームが40、50.90の3種なのが不思議です。 広角スナップにふさわしいカメラなのに、 ファインダーの性能上、 広角のフレームが搭載できなかったんでしょうか。 what is the difference between viagra and cialis けれどもM型ライカです。 ミノルタのロッコール40ミリもあるのが list of canadian pharmacy schools (ライカと同一設計) うれしいところです。 cialis4dailyusedosage 今、ライカはレンズでは、パナソニックと提携しています。 ミノルタがソニー傘下になったことを考えると、 不思議なコラボでしたね。 今思うと、その後でCLをAE化して、デジタル化して、 という道を歩んでいたら、 ライカはまた別の、先進的な人気ブランドになったでしょう。 cialis sublingual ところがどっこい、CLの次はM4-2として、 M4をマイナーチェンジして復活させてしまうのです。 CLやCLEの中古価格もだんだん下がってきました。 チープな「偽ライカ」で我慢する必要はありません。 herbal viagra from china CLでもCLEでもいいから、欲しいなあ。 そしてMマウントのフルサイズの安いデジタル出ないかなあ。 ⇒Leica CLの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする