Leica(ライカ)M4 手軽に使える

Leica M4

M4-P wikipedia commons

ライカM4が発売されていた1960年代は、 viagra or cialis and alcohol 日本製の一眼レフが世界を席巻し始めた頃です。 NIKONのF1の発表会で、木村伊兵衛氏は viagra cialis cocktail 「わしゃライカを使っとるもんね」 と挨拶で大胆な発言をしたそうですが、そういう人は少数で、 ライカも戦々恐々としていたでしょう。 そこで、操作性を大幅に改良しました。 巻き戻しクランクが付いたのです。 cialis canada そんなこと当たり前ですけど、 M3のデザインを見ていると、勇気がいったことなのでしょう。

フィルムの装填も楽になりました。 とは言っても、底板から装填するのです。 buy viagra cialis levitra online これはまだNIKONのF1も同じようなものでしたから、 十分先進的だったかもしれません。 裏蓋をパカンと開けるスタイルはF2からのものでしたからね。 それにカウンターは自動的にリセットされるし、 1 online pharmacy 135ミリのフレームも復活したし、 viagra stuffy nose cure 「使いやすくなったライカ」という ある程度の評判は確立したのでしょうか。 それでも中古市場での人気はM3がダントツです。 M4になると価格が下がります。 ファインダーの見え具合がどーのと、 シャッター音がどーのと、 そういうこだわりの人には向いていないのでしょう。 1971年にM5が発売されてM4は一旦生産中止。 しかし、s976年にM4-2と、マイナーチェンジして甦ります。 M5が「鬼っ子」のようなものだったからでしょう。 後にワインダーが付いたM4-Pも登場しました。 モータードライブではありません。 generic sildenafil NIKONでは、とっくの昔に、モータードライブがあったのですがね。 まあ、最近のデジカメの進歩と比べると、ゆっくりした時代の流れですね。 ⇒Leica

M4の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする