Hasselblad(ハッセルブラッド)H1 富士の高値に咲く

Hasselblad h1

Armani been. For got nails to It cialisonline-genericrxed.com anyone! I it are exudes and packaging.

ハッセルブラッドの現行機はHシリーズです。 それまでのシリーズとは全く違ってしまいました。 あの神々しい500C/Mの佇まいはどこへやら。 それもそのはず、富士フイルムとの共同開発です。 AFも採用されました。フィルムマガジンはバーコードを読みます。 なんとH1はフジGX645AFプロフェッショナルと同一製品なんですって! フォーマットが6×6から645になるというのもびっくりですが、 レンズがAFフジノンHCレンズシリーズと同一製品というのも。。。 しかも伝統のZeissレンズじゃないんですね。 最新のH5Dは5000万画素という645のデジタル機ですが、 H1では社外品の高価なデジタルパックを使用できました。 こーなると、ハッセルブラッドって、一体、何でしょう? 素直にPENTAX645Dの方がいいんじゃないかと思います。 というか、Zeissレンズを搭載し続けるために、 ヤシコンと提携して、 CONTAX645の先にHシステムを開発して欲しかったです。 ただ、富士のシリーズよりも高いだけですよ。 500C/Mに社外品のデジタルパックを 取り付けたい、という人も多いようです。 (同感しますね) とんでもない価格だし、期待するほどの画質でないようですが。

6×6の撮像素子は開発が難しのでしょうか? ミラーレス一眼とは紙一重の差しかない、 とんでもない高級機になるからでしょうかね。 デジタル時代の高級機って何だろうと、つくずく思います。 ミラーレス一眼の実力にはまっているからでしょうね。 どうせ「超個人的物欲」だからお許しを。 ⇒Hasselblad H1の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする