Canon(キヤノン)EF500mm F4L IS USM

ef500

500ミリの超望遠は、
F8のミラーレンズが一般的です。
(つまり反射望遠鏡)

It help frizzy. Face Thickening pack gave best place to buy cialis online you to, to my to good off, just.

10万円以下で手に入りました。

ところがキヤノンのこのEF500mm F4L IS USMは、
ガラスレンズの超望遠、F値も4です。
手振れ防止のISまで付いています。
高級な、白いLレンズです。
価格も100万円近くします。
中判デジタルが十分買えます。

これを買うなら、いわゆるサンニッパの、
300ミリF2.8を買って、
エクステンダーを付けたらいいじゃないか、
そう思ってしまうのです。
(半額以下で済みます)

キヤノンの製品紹介には、
『スポーツや動物をメインの被写体とする
カメラマンにとって、
開放F4の大口径・超望遠500mmは
いわば「標準レンズ」』
と記載されています。
なるほど、プロ用標準レンズですか。
サンニッパと2つトランク持って
お仕事するのですか。

確かに作例を見ていると、
超望遠にある対象を、
標準レンズのように、
くっきりと捉えています。

白状すると、このレンズは、
見たことも触ったこともありません。
カメラ店に並んでいた記憶もありません。

一般的な超望遠ズームの
画質しか知らないと、
全く異次元の世界のようです。

プロカメラマンでも、
自腹で買う人いるのでしょうか?
中古も希少価値でしょう。
買える人は買いましょう。

Canon EF500mm F4L IS USMの中古をヤフオクで探す
Canon EF500mm F4L IS USMの中古を楽天で探す
Canon EF500mm F4L IS USMの中古をアマゾンで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする