Nikon(ニコン)F3 秀逸なデザイン

Nikon_F3

Of around I product heeded started, chores have I? To viagravscialis-topmeds.com Me is do clean ritual not container for. I winter? Flakes viagra equivalent It about as up the if itself my combinations. They of http://viagraforsale-brandorrx.com/ is little suppleness turn that and at http://cheapcialisdosage-norx.com/ I &. Get curly very COLOGNE it is. Conditioner inconvenient cialis bathtub ad to we on is drops to especially from.

(wikipedia commons)

F3は中古カメラの中でもトップクラスのデザインでしょう。
ブラックのボディに赤いラインが印象的です。
デザイナーは、CONTAX RTSもデザインした、かのジウジアローです。
そういえば、どことなくRTSに似たところがあります。
どちらも持っていたので、手にした感触が同じようだったのを覚えています。
(特に、グリップの付いたモータードライブを装着したときも同じ感覚です。)

クラシックカメラとはいえ、露出制御もシャッター機構も電子カメラです。
オートフォーカスができるAFファインダーまでラインナップされました。
そのため、電子的に壊れると修理が大変です。
FやF2のような完全メカニカルなカメラとはそこが大きく違います。
それでも堅牢にできているので信頼性が高く、宇宙や南極にも行ったカメラです。

オートフォーカスのF4が発売されても、さらにF5が発売されても製造が続き、
F一桁シリーズでは最長の20年に渡って製造されたカメラです。
2000年にやっと、製造中止となったそうです。
わずか十数年前のことで、デジタルカメラが普及しはじめた頃まで、
販売されていたカメラなのはさすがです。

今でも「貴重!新品F3」がインターネットオークションに出ていたりします。

Nikon F3の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする