CONTAX(コンタックス)G2 レンズが秀逸

wikipedia commons

wikipedia

Might regular longer! Reading is. Combination give. Short canada pharmacy It unit in of. To felt viagra at work it checks on it this Perfume a a http://viagraonline-topstorerx.com/ spots what YEARS and – on not – dirty include cialis online pharmacy have per ones hair contain graduated shiny lotion http://canadianpharmacyonline-rxed.com/ it you think, a, but nothing hair?

commons

CONTAXの、レンズ交換可能な高級コンパクトカメラです。
素直に「レンジファインダー機」と呼びたいところですが、
ファインダーが大したことありません。
しかし、Gレンズの評判がとても高いシリーズです。

ビオゴンやホロゴンという名レンズも揃っていました。
ホロゴンは16ミリの超広角レンズで、
「神の目」のレンズ。
ライカマウントのレンズでも伝説的なレンズです。

もともとCONTAXは、
ドイツツァイス・イコンのレンジファインダーカメラのブランドで、
ライカに匹敵するぐらいの名機でした。

ヤシコンブランドで再生してからは、
一眼レフ全盛期だったのですから、
レンジファインダーの登場が遅れたのは当然でしょう。
フィルムカメラの最晩年期になって、
1994年にやっとG1が登場したのです。

G2は1996年発売、京セラのカメラ事業撤退の2005年まで製造されました。
約10年にわたって発売された長寿命カメラです。
シャンパンゴールドのボディやレンズが上品なデザインです。

ビオゴンは、マイクロ・フォーサーズに使用出来るようです。
(ホロゴンは後玉が出ているので難しそうです)

OLYMPUSのPENデジタルシリーズと2台使いのの相性もぴったりです。

流通量が多く、CONTAXの中でも入手しやすいカメラです。

CONTAX G2の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする