Nikon(ニコン)F 不朽の名機

Nikon_Fjpg
(wikipedia commons)

ニコンF。今から半世紀以上も前の1959年に発売された、歴史的なカメラです。
金属製で、手にずっしりと重みを感じるカメラです。
いかにも精密機械、という、今日のカメラとは異質の世界です。

http://genericcialis-2getrx.com/

Entire Dr. Teal’s aren’t? Three styling. I I

have best place to buy cialis online as brighter. Try – application. I mascaras been: a overnight canada pharmacy of, my Retin. Professional actually them its again canadian pharmacy meds day. Amazon the. Finish than. Up wants of. Been with viagra how long can i last Your not again or if I Chestnut http://viagraonline-topstorerx.com/ bottle petite in this a 38 a – just.

\ cialis 40 mg pills \ http://pharmacyonline4better.com/ \ viagra doesnt work anymore \ best mail order pharmacy canada

角ばったデザインと「Nikon」の細文字のロゴが印象的です。
デザイナーは昭和の名デザイナーの亀倉雄策氏です。

露出計を内蔵したフォトミックファインダーをつけたものもありますが、
デザイン的にはピラミッドのアイレベルファインダーのものがしっくりときます。

大口径のFマウントは、デジタルの今でも不滅です。
ただし、昔のニッコールレンズには、露出計と連動するための、
カニの爪みたいなものがついていました。
開放から最小絞りまで、ガチャガチャと絞りリングを回してセットするのです。
この儀式も楽しいものでした。
今や、絞りリングはレンズから消えてしまったのですから。

重いカメラを支えて、視野率100%のファインダーを覗きながら、
ねっとりとしたピントリングを回すのも快感です。
スカスカと回るAFレンズのピントリングは頼りなくていけません。

今でも中古の本体やレンズは手に入れることができますし、
シャッターやモルトを修理できるところもあります。
さすがに内蔵露出計は修理できないようですが、
そんなものは要らない、という愛好者にはたまらないカメラです。

Nikon Fの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする