Nikon(ニコン)D60 これこそ元祖!

D60 D60といえば、 ハイアマ向けのキヤノンの D60を想像するのですが ニコンのほうが先だったようで、 NIKON D60は2008年発売ですから もう相当古い機種です。 高画素やフルサイズの競争が起きる前の、 エントリー向けAPS-C機なのですね。 キヤノンのネーミングが謎です。 素直な1000万画素機ですから、 画質は全く問題ありません。 ねっとりといたNIKONらしい絵です。 デジカメの場合は カメラとフィルムを同時に買うのと同じなので、 画質の好き嫌いは重要なポイントでしょう。 とはいうものの、 画素数とかISO感度とか連射機能とか、 ここ数年で大幅に進歩していますから、 時代遅れと感じるのも当然でしょう。 それでもカメラとして、デジタルとして、 大満足できるものだと思います。 小さくて軽いし、 中古本体価格はコンデジ並みだし、 画質も満足できるなら、 持っていて損はないでしょう。 レンズに投資したほうがいいですよ。 キヤノンD60のような、 バリアングル液晶モニターなどという、一眼レフには無用の長物はありません。 すっきりいていていいですね。 古い機種とはいえSDカードで、 Wi-FiX2,mobiに対応しています。 こういうところも安心です。 ただ、デザインとか質感とか。。。 欲をいえば限りが有りますが、 写真はレンズとCCDで決まる! と思えば安い中古でしょう。 ⇒Nikon D60の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする