FUJIFILM(富士フイルム)X-S1 まさにプレミアム!

X-S1

( FUJIFILM 公式ホームページ )

 
X-S1の初めての感想は「ああ、Xシリーズなんだ」でした。

といいますのも、富士フイルムのカメラブランドの仕分けによるものです。
基本的に富士フイルムのデジカメは二種類に分かれています。

・FinePix
・X シリーズ

Xシリーズは、FinePixに比べて、
高画質や高性能、高質感とプレミアム志向なブランドです。

そして今まで富士フイルムのネオ一眼は、
FinePix ロングズーム Sシリーズに分類されていました。

ですが今回のネオ一眼は FUJIFILM X-S1 は、
プレミアムコンパクトデジタルカメラからの発表です。

名前が似ている FinePix S1 と比べていきましょう。

          X-S1             S-1
有効画素数   1,200万画素         1,640万画素
レンズ構成   12群17枚          11群13枚
ズーム倍率   26倍            50倍
撮影素子    2/3型 EXR-CMOS      1/2.3型 正方画素CMOS
ファインダー
        0.2型カラー液晶ファインダー 0.47型TFTカラー液晶
        約92万ドット         約144万ドット
        撮影時 約97%        視野率約100%

こうして比べるとわかりますが、特に大きな違いは
撮影素子とファインダーになります。
もちろんレンズ構成もX-S1はプレミアム仕様ですが…。

X-S1 のイメージセンサーはとても大きく、高画質はさすがXシリーズ。
ファインダーもとても見やすく、一眼レフになれている方も大丈夫。

仕様書にはありませんがマルチアングル液晶モニターですので、
アングルは自由自在です。

さらにこのカメラの外装にも注目できます。

・ラバー調コーティング
・金属製レンズフード・レンズリング
・Made in Japan

一眼レフと比べるといまいち安っぽかったネオ一眼に、
うまくプレミアム感をプラスしてくれた一押しカメラです。

FUJIFILM X-S1の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする