OLYMPUS(オリンパス)OM-D E-M1 初・像面位相差AF

EM-1

( OLYMPUS 公式ホームページ )

 

それはさておき、今日紹介したいのは オリンパスの「OMD EM-1」。

よく勘違いされるのだが、このカメラの前機種は E-5です。
EM-5 は前機種ではなく下位機種にあたります。

EM-5 も相当なスペックを持っていましたが、
EM-1 はそれを上回り、もはやミラーレスの常識を覆す別次元のカメラです。

 
例えば、防塵・防滴・-10℃耐低温。

しっかりとしたボディはマグネシウム合金製、
ユニット内の温度低下にも絶えられるように作られています。

2003年発売のE-1からのでもある、
ダストリダクションシステムももちろん搭載されています。
ほこりっぽい場所でも安心してレンズ交換ができます。
 

更に EM-5 には無い 像面位相差AF も魅力的です。
マイクロフォーサーズでは世界初のこころみ。

像面位相差AFとは、
レンズから入る光がつくる像のズレからピントを合わせる方法です。

今までは一般的にコントラストAFでしたが、
フォーカスレンズを動かさないといけないので時間がかかりました。

簡単に言えば、像面位相差AFのメリットは高速AFです。
EM-1 のピントあわせも速い速い。驚きです。

マウントアダプターがあれば、AFに問題が無く
Eシリーズで使用していたZUIKOレンズを使用することができます。

長年のオリンパスファンには朗報なのではないでしょうか。

OLYMPUS OM-D E-M1の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする