Canon(キヤノン)EOS 50D 40Dと比較!

EOS50D

( Canon 公式ホームページ )

 

Canon EOS40Dの後継機種、EOS 50Dのポイントです。
変更点は主に3つ。

・有効画素数のアップ

約1010万画素から、約1510万画素と大幅にアップしています。
画素数は1000万画素で足りているという意見が多かったです。
確かにそうなんです。
画像を拡大することが多い方(スポーツ撮影)には朗報ですね。
A3ノビぐらいでプリントされるかたなら、50Dがおすすめです。

・高感度性能のアップ

個人的にはこの変更が一番大きかったような気がします。

EOS 40Dは、ノイズ低減をするかしないかの2選択だったのですが、
50Dでは更にノイズ低減の強弱も変えることができるようになりました。

実際に撮影写真を確認したところ、一段階は性能アップしていました。
ISO1600くらいまで耐えられるのではないでしょうか。

・オートライティングオプティマイザ搭載

こっそりと新しく搭載されています。
オートライティングオプティマイザとは何のことでしょうか?

暗く写ってしまった写真は、好ましい明るさに。
コントラストが低い場合は、
明暗差のはっきりとしたメリハリのある画像に。
オートライティングオプティマイザで高度に補正することができます。

( Canon 公式ホームページ )

簡単にいえば、撮影後画像をきれいにしてくれる機能です。
無ければ無いでいいけれど、有れば有るで嬉しい機能。

・他には

実はEOS 40Dからスペックだけ見ますと、連写速度が落ちています。
0.2秒だけですので、そんなに気にしなくても大丈夫です。
逆にEOS 50Dは書き込み速度が早いので、感覚的には50Dのほうが速いです。
ハードウェアは40Dとは変わりませんが、60Dと比べると勝ってます。

以上。参考になれば嬉しいです。

Canon EOS 50Dの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする