Canon(キヤノン)EOS 40D ハイアマ向け

eos40d

( Canon 公式ホームページ )

 

今回はキヤノンのデジカメ一眼レフをご紹介いたします。

2007年8月に発売された、ハイアマチュアモデルEOS 40Dでございます。
30Dの発売から約一年半、ファンにとっては待望の新機種です。

EOS 40Dからイメージキャラクターが渡辺謙氏です。
イメージキャラクターからもわかるように、ユーザー対象は団塊世代の男性。
すでに一眼レフを楽しまれているコアユーザーを対象に作られています。

当時はエントリー機以外、ニコンがシェアを占めていました。
そのための対抗機種として発売されていますので、
最近のエントリー機と比べましても遜色ありません。

ボディは30Dと同じマグネシウム合金製です。
画素数は約1000万画素、APS-CサイズCMOSセンサー搭載です。
ファインダー倍率は EOS 30D/0.9倍から0.95倍に進歩しています。

今では当たり前の機能・ゴミ取り機構がついていること、
またライブビューが搭載されていることを考えますと、
当時の最高の技術をつめこんでいたと察することが出来ます。

値段も少し高めで、約15万円です。
ですが中古ですと安く買えますので、
今エントリー機種にするが欲しいかたにはぜひ悩んで頂きたいカメラです。

次回の記事ではEOS 50Dと比べてみます!

Canon EOS 40Dの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする