Canon(キヤノン)パワーショットPowerShot G11

powershotG11

( Canon 公式ホームページ )

 

Canon Powershot G10 の後継機、
Canon Powershot G11。

どのようにチェンジしたのでしょうか。
比べてみましょう!

大きく違うところは二つです。

 
一つ目は、画素数。

G10 では、1470万画素だったのが、
G11 では、1000万画素と、
470万画素も落ちています。

なんで?
画素数が高いほうが良いカメラなんじゃないの?
と思われるかたもいるはずです。

実は画素数が高いと、デメリットが生じます。

それは、ノイズ。

CCD という、
キャンバスのサイズをそのままで、
画素数を高くするとノイズがでてしまい、
ざらっとした仕上がりになってしまうのです。

高感度で撮影すると、
ノイズが出る出る~。
大安売りです。

高感度撮影が出来ない、
暗所に弱いデジタルカメラの出来上がりです。

そのためわざと画素数を下げて、
ノイズが出にくいカメラを作ります。

G10に比べて、なんと約1/4のノイズ量の軽減です。

 
二つ目は、バリアングル液晶。

好きな角度で、写真撮影が可能になりました。

うん、素直に嬉しい。

ただバリアングル液晶は出っ張っているので、
しまう時に注意ですよ!

 
総評としましては、
高感度で撮影する方は(暗所が多い)、G11。
低感度で撮影する方は(基本は外撮影)、G10。

デジカメに慣れていない方は、G11がおすすめです。
(オート撮影が比べて楽なため)

以上です!
次は、G12 いってみましょう!

Canon PowerShot G11の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする