Canon(キヤノン)パワーショットPowerShot S100

Canon_PowerShot_S100

( Wikimedia commons )

 
前回に引き続き、
Canon Powershot Sシリーズということで、
S100をご紹介いたします!

 
 
まず前回の S95 との違いを、ざっくりと。

 

  1. 撮影素子の変更
  2. CCD から CMOS になりました!

    まず、撮影素子って何?というかたに、
    簡単にご説明しますね。

    撮影素子とは、
    簡単に言えば、写真を描くキャンバスのようなものです。

    画素数は、そのキャンバスにどのくらい細かく描くか。
    素子とは、キャンバスをどんな素材で描くか。

    CMOS は CCD に比べて画質は悪いです。
    正直言って、一世代前は使えませんでした。

    ですが、今では CMOS を使っても大丈夫なくらい
    ノイズ低減が実現してきました。

    今ではほとんどのコンデジが、
    CMOS ではないでしょうか。

    CMOS のメリットとしては、製造費が安い。
    電気消耗が低い。

     

  3. 倍率変更
  4. 今回の変更は、これがなによりも大きいです!

    まず、広角側から見ていきましょう。

    28ミリ相当から24ミリ相当に。

    24ミリってすごい嬉しい数字なんですよ、奥さん。
    あまりピンとこないかもしれません。
    参考写真を貼っておきます。

    wha_bod_img_01

    ( Ricoh公式サイト )

     
    比べて見ると、24ミリのほうが、
    端が削れていませんよね。

    集合写真などでは、それが大切になってきます。

    望遠も、
    ズーム 3.8倍 から、5倍 になって、
    嬉しい変更が見られます。

     

  5. 外見変更
  6. Canon_Powershot_S100シルバー

    ( Wikimedia commons )

     
    シルバーが追加されました。
    ・・・シルバーよりブラックですよね~。

    あとちょっと薄くなって、
    グリップがにぎりやすくなってます。
    S90、95 にあったゴツゴツが無くなりました。

    うーん。
    外見は S95 のほうが勝ち。(個人的に)

     

  7. GPS追加
  8. そのまんまです。
    GPS使う方は嬉しいですね。

    基本的に、
    Sシリーズを使うかたは、
    コマ数を多く撮るからが多いのので、
    嬉しい変更のはずです。はい。

 
そのほか~

ネットで 高感度画質を、
いろいろ見比べてみましたが、
S95 より S100 のほうが、
ノイズが少なく見えました。

S95 からの乗り換えの方も多いようです。

Canon PowerShot S100の中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする