MAMIYA(マミヤ)RB67 これぞ中判

MAMIYA RB67 中判カメラは、その驚くほどの画質の良さが魅力です。 そして、その大きな姿も官能的です。 MAMIYAのRB67は、6×7フォーマットという、 6×6フォーマット以上のフルム面の大きさです。 このサイズのデジカメは、まだ世に出ていません。 とにかく重厚長大なカメラで、 しかもレンズシャッターです。 フィルムマガジンも別です。 カメラ本体は、ただの箱なのです。 YASHICAの二眼レフなどは、 同じレンズシャッターの中判で、 カメラ本体もただの箱ですが、 ファインダーが逆像になる他は、 とても軽くて構造も操作も単純なので、 苦労しなくても撮影できるのですが、 このRB67は、そんなわけにはいきません。 とにかく「儀式」の多いカメラです。 逆像のピントグラスでピントを合わせ、 絞り値とシャッタースピードを設定して、 シャッターをチャージしてから、 フルムの遮光板を引き出して、 バシャっとやるのですから、 「速射」や手持ちスナップには全く適しません。 とても重いので、撮影旅行も勇気がいります。 しかも「儀式」はいろいろあって、 それに逆らうと痛い目に合います。 例えばレンズを交換するときは、 シャッターをチャージしなければいけません。 シャッターのチャージを忘れてレンズを交換すると、 シャッターがチャージできなくなります。 私もヤフオクで落札直後に、これをやってしまいました。 ただのゴミになるのが悔しくてネットで検索したら、 レンズのシャッターを手でチャージして、 フィルムマガジンを外してシャッターを切ると、 復帰するようです(記憶があやふやですが、こんなもんです)。 しかし、マニュアルカメラが好きな人種にとっては、こうした「儀式」やトラブルと解決も快楽のひとつなのです。 「シャッターがチャージできません」というRB67が、 ヤフオクでレンズと一緒にジャンクで安く出ていたら、 迷わずゲットして「儀式」に浸りましょう。 ⇒MAMIYA RB67の中古をヤフオクで探す

Mamiya RB67の中古を楽天で探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする