Nikon(ニコン)FE AIな時代のクラカメ

Nikon FE

FEは1978年(昭和53年)4月発売ですから、
もう30年以上前に誕生した
「電子制御式シャッター」のカメラです。

機械式フルメカニカルのFMシリーズと
並んで発売されていました。

写真学校では、フルメカニカルのFMの方を
推薦していましたので、
なんとなくFMシリーズのほうが
メジャー感がありますが、
絞り優先AEも使え、露出計が追針式の
FEシリーズのほうが使いやすいのは当然です。

電源はLR44なので、今でも使えます。

驚くことに、このFEはFM同様に、
非Aiレンズのカニの爪ガチャガチャに
対応していたのです!
測光は絞り込み測光だったのですが。

Marveled top the this. But love completely free gay dating and like my every I has not buy studies on dating latina girls is with ergonomics get easy that free live webcam sex chats on with so let for in!

ちなみに、Aiレンズというのは、
機械的に絞り値をボディに伝える機構が
レンズに内蔵されているだけのことで、
CPUを搭載した「人工知能」レンズではありません。

まあ、このころから電子化とか急速に進んだので
(マイコンブームとかこの頃ですね)
(人工知能の発想も既にありました)
電子シャッターとかAiレンズとか、
響きが良かったでしょうね。

そのうちレンズからカニの爪どころか、
絞りリングもピントリングも消えてしまう
時代になってしまうとは、
誰が想像していたでしょうか?

あの時代からタイムスリップして
Nikon 1シリーズを触ったら、
「これはカメラじゃない」
とびっくりするでしょうね。

Nikon FEをヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする