Canon(キヤノン)EOS 6D フルサイズに手が届くデジ一眼

EOS 6D

プロもどきのハイアマチュア向けEOS 5D Mark IIIも
驚異的なスペックを持ちながら、
今や実勢価格は30万円を切っています。

私がそれ以上の値段で入手したEOS 60Dは、
一体何だったんだ!失われた10年を戻してくれ!

と、思ったら、フルサイズ機20万画素のEOS 6Dも発売されました。

5D よりはかなり軽いし、カードスロットは2から1になっているけど、
画素数含めてスペック的にはほぼ同じという感じ、
でも5Dの下位機種という位置づけなのでしょう。
AF性能では6Dは5Dに劣ります。
新品の実勢価格は20万円を切っていて、15万円以下もあります。

「フルサイズも当時の月給で買えるようになった」と、
後世のデジタルカメラ史に記録されるようになるのでしょうか。

使っている人は、コンパクトなフルサイズ機なので、
使いやすくて画質が良くて大満足らしいです。
巨艦大砲レンズを使わないのであれば、
6D がちょうどいいでしょうね。

私はM42用のEFマウントアダプタを活用するために、
6D が欲しいですが、そういうのはターゲット外でしょう。

で、7Dが出たと思ったら、こちらはAPS-C。
60Dも併売されているし。キヤノンは何を考えているんでしょう。
8Dは出るのでしょうか?
9Dが出る頃は、1Dと5Dシリーズ以外は消えて、
全部ミラーレス一眼になりそうな気がします。
だってミラーレスのEOS M はAPS-Cですからね。
EOS M KISSとか、EOS M60 とか出そうな気もします。

Canon EOS 6Dの中古をヤフオクで探す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする